三島市の内科・皮膚科・整形外科・小児科・卒煙外来・健康診断・在宅診療の三島共立病院

感染対策

感染対策指針

院内感染の防止に留意し、感染等発生の際にはその原因の特性を速やかに把握し、制圧、終息を図る事は医療提供施設において重要です。
院内感染防止対策を、全職員が把握し指針に沿った医療の提供を目指します。

感染制御チーム

院内感染を始めとした感染リスクを最小にし、患者様に良質な療養環境で安心して医療を受けられるように、また院内で働くすべての人が安全に働くことができるように活動しています。

院内における活動の内容
(感染対策チームを設置抗菌薬、抗菌薬適性使用支援チーム、AST)

  • 院内では感染防止対策委員会、感染対策チーム、各職場に感染予防策を指導するスタッフがいます
  • 感染予防に関わる感染防止マニュアルを作成し、職員はマニュアルの遵守に努めています
  • 職員は感染防止策の基本である、手指衛生、手袋、マスク、エプロン、ガウン、ゴーグルなど、また環境整備(整理整頓、清掃)などの徹底に務めています
  • 感染対策チームは感染症治療や、抗菌薬適性使用について医師へ支援を行っています
  • 病院、在宅、ST、などと連携し、感染症治療や感染防止対策について情報共有をはかり、実施に努めています

職員研修

  • 院内では職員教育として全職員学習会や感染に関する研修会に参加し、感染予防策について学んでいます。
  • 新入職員については入職時の感染研修で感染対策の基本を学びます